イベントとコロナ

株式会社名尾建

042-673-7090

192-0372 東京都八王子市鑓水2065-2

イベントとコロナ

オーナーブログ

2020/11/01 イベントとコロナ

こんにちは。

もうあっという間に今年もあと2か月ですね。本当に毎日が目まぐるしく進んで

行きますので、ボーっとしないように気を付けなければと思います。

 

このように外も寒くなってくると、冬のイベントのシーズンだなと感じます。

学生は文化祭、世の中はハロウィン、イルミネーション、八王子はいちょう祭り、クラシックカー

パレード、趣味のキャンプはテントの展示会、キャンプギアの体験会など色々ありますよね。

 

昔は地域の豚汁会とか焼き芋会(呼び方は分かりませんが。。。)、餅つきなど夏とは違ったイベント

が沢山あって楽しかったような気がします。

 

何故そんな話かと言いますと、私達名尾建材も地域貢献や交流を目的に地域にお住まいの方や、子供達

へ”地域感謝祭”みたいなものを実施したいなと考えるようになりました。

 

名尾建材には仕事で使うユンボやダンプなどがあるので展示して一緒に写真を撮ったり、少し乗ってみて

もらったりだとか、またなかなか普段触る事のないセメントをさわってもらったりだとか、会社でお付き

合いがあるイタリアンカフェのシェフにピザを焼いてもらったりだとか、何か楽しそうですよね。

お子様やお孫様とちょっと寄ってもって遊んでもらえるようなそんな場所にできたらなと考えています。

 

子供の頃は興味があってユンボや工事現場を興味深く見ている子供たちも中学生、高校生の頃には親御さん

から”あーなったらだめだよ”と言われてしまうのが土木の世界だと聞きました。そんなイメージや環境を

変えたいと思う名尾建材の想いも乗せて、出来れば毎年の恒例行事として”鑓水のあそこの建設会社が毎年

イベントやってるな”みたいになればいいなと思います。

 

しかし今年は。。。”コロナ”がありますので実際はまだ保留です。

 

街中を見ますと検温、消毒、マスクなどは当たり前の事として、意外とコロナ前と変わらないような規模

でイベントを実施しているところも多くあります。

 

ある方は、「もうコロナを言い訳に中止や延期をしていたら今後今はまだと言い続け、何年たってもできない

可能性がある。この状況でどうやったらできるか、何ができるかを考える」と言っていました。

 

また別の野外イベント飲食施設は毎週週末は大賑わいだそうです。キッチンカーをやっている方も売り上げが

戻ってきているそうです。車もまあまあ売れているそうです。

 

インフルエンザに感染しても誰かのせいにしないのと同じで、コロナもそんなイメージになっているのかなと

見える一方、逆にまだ通常通りにお仕事やイベントをできていない所も多くあります。

また海外ではまたロックダウンしているところもあります。ワクチンもありません。会社もどんどんつぶれて

います。(ニュースの情報です)

 

こちらの方々は「コロナが万が一発生したら責任が取れない」「やるかやらないかならやらない方が安全」

「もうすこし様子を見るべき」と言っています。

 

これはどちらの方も、どの意見も正しいですよね。同じ会社の仲間でも家族でも、親戚でも、友達でも意見が

分かれるところですね。もし感染してしまったら、誰かに移したら、という不安は確かにとてつもなく大変ですし、

それを気にしていたら(もちろん当たり前の予防はしていて)何もできないというのも分かります。

 

どちらを選択して進んで行くのかは個人個人それぞれ。だからこそ判断は難しいなと思います。

 

また考えて行きます!!

TOP